スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

DSM Presents Happy Ribbon

Happy RIBBON COMME des GARCONSのお知らせがドーバーストリートマーケットから届きました。

Happy RIBBON COMME des GARCONS 大きい写真でどうぞ。
COMME des GARCONS PEAL 真珠のネックレスです。つけないけど欲しい。

スポンサーサイト

2006年11月27日 | COMME des GARCONS | トラックバック:0 | コメント:0

Happy RIBBON COMME des GARCONS

jeixxさんのブログにて、クリスマス限定「Happy RIBBON」のアイテムが写真で勢揃いしています。ぜひごらんあれ。参考にしてお買い物してください。
昨年は「MADE WITH LOVE」思い出してみると一年はあっという間ですね。今年の買い物は打ち止めにしたいところなんですが、オムで数点欲しいものがあって思案中。何かと気ぜわしい師走前です。

2006年11月26日 | COMME des GARCONS | トラックバック:0 | コメント:2

Fashionistas in focus/History of Fashion Designer Rei Kawakubo

Fashionistas in focus
Telegraph.co.uk - United Kingdom
11月12日

... 54, who is married to the daughter of the abstract expressionist painter Joop Sanders, was introduced to the fashion industry when Rei Kawakubo of Comme des ...

本文8段落目にRei Kawakuboキーワードが含まれています。


History of Fashion Designer Rei Kawakubo

...biography of fashion designer Rei Kawakubo , fashion designer Rei Kawakubos life, fashion designer Rei Kawakubos ...

川久保さんの歴史。英語です。個人で作ってる感じがするファッション総合サイト。サイト構成などいまいちですが、ファッションが好きでやってるのが感じ取られて好感が持てます。パルファムの年代別情報は他では見かけたことがないのでためになりました。

2006年11月17日 | COMME des GARCONS | トラックバック:0 | コメント:0

「日の丸」デザインに緊張感 コムデギャルソンの挑戦:朝日新聞の必死さ

「日の丸」デザインに緊張感 コムデギャルソンの挑戦

朝日新聞がコムデギャルソンの07春夏コレクションを論じています。わたしはコムデギャルソンが社会的にも思想的にも朝日新聞と波長が合う時期があったのはわかります。川久保さんの思考、思想にも通ずるところがあるとは理解しています。

しかし、これは…。必死過ぎです。まあ、朝日フィルターのかかったいつもの論じ方なんですが、凄いアレルギーですね。アレルギーのせいで今回の素晴らしいコレクションを堪能できないのは可哀想でなりません。アレルギーのない方はぜひ手にとって、着てみて、味わってみてください。

2006年11月14日 | COMME des GARCONS | トラックバック:0 | コメント:0

Comme des Garcons Play Box Store

青山に現れたPLAY BOXを紹介しています。

オークションには限定をうたった偽物が目に付きます。くれぐれも気をつけてくださいね。

2006年11月11日 | COMME des GARCONS | トラックバック:0 | コメント:2

コムデギャルソン:朝日新聞から二本立て

美しさ追い求め 07年春夏パリ・コレクション
朝日新聞

... こうした「美しさ」の流れの中で、コムデ ギャルソンは「キュービスム」をテーマに、変わらぬ前衛的な強い造形を見せた。 ...


バランス重視 07年春夏パリ、ミラノ・コレクション
朝日新聞

... 今シーズン目立ったのはなんと言ってもベルトだ。コムデギャルソンのようにかなり高い位置に締めたり、すとんとしたワンピースに締めてボリュームに変化をつけたりする。 ...


日本の大手新聞の中でもっともCOMME des GARCONSのニュースが多いのが、この朝日新聞です。その朝日、今回のコレクションの印象は「日の丸をデザイン主題にしたことだった。」そうです。レベルの低い記者に語られるのもいい迷惑であるような…。

「日の丸は究極の美しいデザインですから」と川久保玲。しかしこのショーでは、近代以後の日本のどこかちぐはぐなおかしさも感じ取れた。「簡単に美しいなどとは言わせない」との批評性を持ちながらも、服は結局美しかった。


「いろんな過去はあったけれど、日本の国旗は究極のデザイン。日本の形は強く美しい」ほんとうはこう言ってたようですよ。自分の主張のためには発言をあいまいにするのは相変わらずですね。

2006年11月11日 | COMME des GARCONS | トラックバック:0 | コメント:0

The bigcover up

... side is the frightening fashion spread in Vogue's September issue featuring designs by Japanese wünderkinds Junya Watanabe, Rei Kawakubo, Jun Takahashi and ...

Toronto Star - Ontario, Canada

ジュンヤワタナベ、川久保玲、栗原タオ、そして高橋ジュンをひとくくりにして批評しています。英語では真意まで読み取ることができないのですが、このKIMなる記者、悪意がこめられているような。

2006年11月07日 | COMME des GARCONS | トラックバック:0 | コメント:0

ジュンヤ ワタナベをキーワードとした雑誌

破壊と再生のドレス。ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン。
high fashion (ハイファッション) 2006年 10月号

〈ジュンヤ マン〉驚異のカスタマイズ。
POPEYE (ポパイ) 2006年 05月号

〈リーバイス(R)〉501XXがモードに昇華!
〈コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン〉驚カスタム・デニムの全貌。
POPEYE (ポパイ) 03月号

ジュンヤ ワタナベの最新は、美しいストリートシック。
FIGARO japon 02/20日号

ジュンヤ ワタナベのパンクな正装
ELLE 2006/03月号

ジュンヤ ワタナベ マンのニューショップオープン!
POPEYE 2005/09月号

コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンの進化するアウトドア。
POPEYE 2005/08月号


検索したらざっとこれくらいでてきました。記事にならずに商品だけでてる雑誌はたくさんあるんでしょう。

2006年11月07日 | JUNYA WATANABE | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。